競馬トレセン(美浦、栗東)の基本情報まとめ!アクセス・坂路・事件について

皆さんはトレセンの事をどれ位知っていますか?トレセンとはトレーニングセンターの略称で、調教場と呼ばれる事もある施設ですが、トレセンの事をしっかりと理解しておく事は競馬を楽しむ上では必須で、トレセンの事を理解しておくと競馬予想にも有利に働く事があります。競馬を楽しむ上で最低限覚えておきたい、トレセンにおける基本情報をご説明しておきましょう。

競馬のトレセンとは?

トレセンとは競走馬の管理と調教を行う各競馬施行体が建設した施設の事を指します。トレーニングセンターを略してトレセン。日本国外の同様の施設は調教場とも呼ばれます。一般的にはトレセン内に、競走馬を管理する為の厩舎と調教用の施設があり、調教ルームが存在しています。調教師や騎手などの住居区画が存在している場合もあります。

中央競馬には東西で計2箇所のトレセンが存在しています。

  • 美浦トレーニングセンター
  • 栗東トレーニングセンター

一般的には美浦の厩舎に所属する馬を関東馬で、栗東に所属する馬を関西馬と呼びます。中央競馬のトレセンであるこの2つの施設には、芝コース、ダートコース、ウッドチップコース、坂路コース、全天候型コース、調教用プール、軽めのウォーミングアップを行う為の馬場など、数多くのコースが備えられていて、地方競馬のトレセンとは遥かに充実した施設を誇っています。

しかし近年ではトレセン以外の場所で馬を鍛える事が主流になってきています。いわゆる『外厩』を利用する馬の活躍が目立ってきていて、その代表的なものがノーザンファームが誇る東西2つの施設。関西のしがらきと関東の天栄です。どちらもJRAのトレセンよりも遥かに優れた施設が導入されていて、競馬界に新たな旋風を巻き起こしています。

美浦トレセンの基本情報

中央競馬が所持する東の美浦トレセンは昭和53年4月に開設されました。約224万平方メートルという広大な敷地に、南北2つのトラック型調教コース、1200mの坂路調教場、スイミングプール、森林馬道といった数多くの調教施設があります。約100の厩舎があり、常時2000頭を越える競走馬が毎日レースに向けてトレーニングを行っています。

美浦トレセンで働く人達

広大な敷地面積を持つ美浦トレセンには数多くの人達が馬のトレーニングを円滑に行う為に毎日24時間体勢で働いています。ちなみに調教時間は季節により変わります。

  • 夏:午前5時~9時半
  • 春&秋:午前6時~10時半
  • 冬:午前7時~11時半

馬は寒さに強く暑さに弱いので、競走馬達に適した気温の中で調教を行う事ができるように、季節により調教の開始時間が変化していくという訳です。

更に、広大な敷地面積と設備が整う美浦トレセンに働いている人達の割合を紹介していきます。

  • 騎手:約70人
  • 調教師:約100人
  • 調教助手:約750人
  • 厩務員:約460人

約100の厩舎があり常時2000頭の競走馬を支えるにはこれだけの膨大な数の人たちの力が必要であるという訳です。調教師の人は厩舎経営を行っていて、厩務員や調教助手の方達を雇っているという関係性になります。交代で泊り込みで馬のお世話をしています。

美浦トレセンへの交通アクセス

引用元:http://www.jra.go.jp/facilities/tc/miho/access/

  • 〒300-0493 茨城県稲敷郡美浦村大字美駒2500-2
  • 電話番号:029-885-2111(9時30分から16時30分〔月曜・火曜日を除く〕)

【車で行く場合】

  • 常磐道 桜土浦ICより約23キロメートル(35分)
  • 圏央道 稲敷ICより約8キロメートル(15分)
  • 圏央道 阿見東ICより約8キロメートル(15分)

【交通機関の利用】

  • JR常磐線土浦駅よりJRバス江戸崎行きにて「トレセン前」下車(40分)

美浦トレセンの坂路調教コース

引用元:http://jra.jp/facilities/tc/miho/guide/

美浦トレセンの坂路調教コースの全長は1200mで計測可能距離は800メートル、幅員12メートルで高低差は18メートルです。美浦トレセンには実際のレースを想定した楕円形の馬場に加えて、直線の急斜面を使ったトレーニングが行える坂路コースがあります。坂路を駆け上がる事により、比較的軽い運動でも平地の強い運動と同等の運動効果を上げる事が可能です。

激しいトレーニングで馬にストレスがかからないように、自然の景観を損なわないような作りになっているのが特徴です。豊かな自然はトレーニングでイライラしがちな馬の心を和らげる事ができるのです。

美浦トレセン内で過去におきた事件

美浦トレセンで調教助手として働いていた矢作博氏が傷害の疑いで逮捕されたのは2013年8月31日。前代未聞の刃傷沙汰がトレセン内で起きたとして話題になった事件を振り返ってみたいと思います。事件が起きたのは8月31日午前8時40分頃。美浦トレセン所在の厩舎で同僚厩務員の男性の左手や首を厩舎にあった刃渡り約12センチの包丁で切り、全治10日のケガを負わせたとして、矢作博氏が傷害の疑いで逮捕されました。

矢作博と男性は仕事上の意見の相違から口論となり、そのままもみ合いに。興奮した矢作博はエサの野菜を切ったり縄を切ったりする時に使う備え付けの包丁を思わず手に取りきりつけたという事です。騒ぎに駆けつけた別の同僚男性が110番通報をして逮捕となりした。

栗東トレセンの基本情報

中央競馬が所持する西の栗東トレセンは約150万平方メートルの敷地面積(美浦トレセンより狭い)で、6つのトラック型調教コース、全長約1キロメートルの坂路調教コース、競走馬専用スイミングプールといった様々な調教施設を有しています。

栗東トレセンで働く人達

栗東トレセンも美浦トレセン同様に調教開始時間は季節により変わっていきます。寒さに強く暑さに弱いという馬の特徴を理解して適切な時間帯に調教を開始するのです。ちなみに栗東トレセンには約1400名の厩舎スタッフが働いていると言われています。

  • 騎手:約70人
  • 調教師:約100人
  • 調教助手:約950人
  • 厩務員:約250人

騎手がトレセン内にいる理由は、騎手の方は騎乗依頼されると日々の調教時にも騎乗するからです。騎手の方は本番のレースだけに乗るのではなく、調教でも馬に乗り、その競走馬がどのような走りをする馬なのかという事を事前に確認しておく必要があるのです。

栗東トレセンへの交通アクセス

引用元:http://www.jra.go.jp/facilities/tc/rittou/access/

  • 〒520-3085 滋賀県栗東市御園1028
  • 電話:077-558-0101(月曜・火曜・年末年始を除く 10時から12時、13時から16時30分)

【車利用の場合】

  • 名神高速道路 栗東インターチェンジより約15分

【公共交通機関利用の場合】

  • JR琵琶湖線(東海道本線)草津駅下車 東口からタクシーで約20分、バスで約30分(金勝公民館行事務所前下車)

栗東トレセンの坂路コース

引用元:http://www.jra.go.jp/facilities/tc/rittou/guide/

栗東トレセンの坂路コースは全長1,085メートル、幅員7メートル、高低差32メートル、上り勾配はスタートから300メートルまでは2.0%(約11度)、続く570メートルは3.5%(約2.0度)、100メートルは4.5%(約2.6度)、最後115メートルで1.25%(約0.7度)。

敷材にウッドチップを利用しています。多い日は1日で1000頭が利用するという位に多くの馬の調教を行っているコースで、坂路の調教タイムはICチップを用いて計測していて、調教参考タイムという事でマスコミ等に発表している事から多くの人が競馬予想の参考にしています。

栗東トレセンで過去におきた事件

2015年1月9日午前7時10分頃、栗東トレセンで調教助手の鹿戸博之さんが落馬し、胸などを強く打って意識不明の重体となる事故が発生しました。鹿戸博之さんはダートコースで競走馬の調教を行っていた所、乗っていた馬の鞍がずれてバランスを崩し、投げ出される格好になったが、右足から鐙が外れずに約400メートル引きずられたという事です。

そしてもう一つある有名な事件がJRA元騎手の小島貞博調教師の自殺です。騎手時代に史上10人目の日本ダービー2勝(1992年ミホノブルボン、95年タヤスツヨシ)、ブルボンではクラシック“準3冠”(菊花賞は2着)を達成した有名人でしたが、自殺する前日に夫人に自殺をほのめかす電話を入れた後、栗東トレセン内の自厩舎の2回で首をつって自殺しました。親族が負った多額の借金を肩代わりしていて、自身の厩舎の従業員への給料支払いが遅れるなど厩舎の経営状態も逼迫していた事が原因ではないかと言われています。トレセン内では翌日に控えた調教師免許更新ができないのではないかと噂されていて、それが引き金になったと見られています。なんとも痛ましい事件です。

まとめ

競走馬があれだけ早く走り我々を魅了してくれるのは、毎日24時間体勢で働くトレセンのお陰。最近では直前トレーニングした施設はどこなのか、それを判断基準にして馬券予想をするという事も多くあり、外厩で参加する競走馬の強さが目立ってきている時代でもあります。

トレセン内での調教結果を見て馬券予想をするのも競馬の楽しみの一つでもあります。見学施設もあったり、馬の普段見れないトレーニングの様子を見る事ができるのも楽しみ方の一つですが、トレセン内でのトレーニングの様子や結果を馬券予想の一つに入れてみるのも良いかもしれませんね。競馬を楽しむのであればトレセンを知っておく事は最低限必要な知識です。中央競馬が運営する美浦トレセンと栗東トレセンの事はしっかりと知識として覚えておきましょうね!